FC2ブログ
コルトの不定期日記


プロフィール

コルト

Author:コルト



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。













ストロベリー・パニック 18
前回に引き続いて今回ももう一人のエトワールについての物語。なので当然と言えば当然ですがスピカとル・リムは一切出てきません。とは言え今まで一度も一校オンリーだったことがないのでこれはこれで新鮮?
sp_18-01.jpgsp_18-02.jpg
前回車に乗ったはずなのにいつの間にか徒歩になっている上、駐車場(?)から随分と遠くは慣れている所為で突然の雨に見事びしょ濡れに………ともかく着いた館の前で静馬さまは深雪さまから返してもらった鍵を渚砂ちゃんに手渡し渚砂ちゃんにこの館の扉を開けてもらいます。まだ自分でこの扉を開ける覚悟がないのか、それとも渚砂ちゃんだからこそ開けて欲しいのか判断に困る所です。
sp_18-03.jpgsp_18-04.jpg
そしてびしょ濡れになった渚砂ちゃんに換えの服を取りに自室に戻った静馬さまはかつての想い人との写真を前に月日の流れを感じます。その後シャワーを浴びた二人は暖炉の前で一息つきます。
sp_18-05.jpgsp_18-06.jpg
そして雨はいつしか嵐となり二人は帰るに帰れなくなりました。電話でその旨を聞いた深雪さまと深雪さまから聞いた玉青ちゃんは一抹の不安を感じます。
sp_18-07.jpgsp_18-08.jpg
sp_18-09.jpgsp_18-10.jpg
そして明かされるもう一人のエトワール桜木花織と愛し合った過去、そして花織を失って色褪せた世界に色を取り戻してくれたのが渚砂ちゃん………ひとまずお互いの想いを確認し合った静馬さまは着替えを用意しに部屋に戻ります。
sp_18-11.jpgsp_18-12.jpg
sp_18-13.jpgsp_18-14.jpg
着替えを渡すだけなのにわざわざ頬に手を当て、そのまま胸に………そんな事だから某所でエトワールならぬエロワールと呼ばれるんですよね。と話しが逸れましたね。渚砂ちゃんの胸元にあるこの館の鍵がどこかで見た事のあるペンダントとダブります。
sp_18-15.jpgsp_18-16.jpg
そしてついには花織の幻影まで見える始末
sp_18-17.jpgsp_18-18.jpg
過去を乗り越えるつもりだった、過去を知り受け止めるつもりだった。それでも静馬さまは花織を忘れる事も勿論、直ぐに乗り越えれるほど簡単な問題ではありませんでした。渚砂ちゃんは冷静さを失いうわ言の様に花織の名を連呼する静馬さまの姿に涙します。結局自分は花織の代わりにはなれないという事実に………
sp_18-19.jpgsp_18-20.jpgsp_18-21.jpg
思わず館を飛び出した渚砂ちゃんの後を追うものの、渚砂ちゃんは自分では花織の代わりには役不足であると自ら身を引きます。
sp_18-22.jpgsp_18-23.jpgsp_18-24.jpg
そして再び駆け出した渚砂ちゃんは一人館に戻り、静馬さまも後を追うように館に戻りますが結局二人が言葉を交わす事はありませんでした。
sp_18-25.jpgsp_18-26.jpg
sp_18-27.jpgsp_18-28.jpg
そして翌日深雪さまと玉青ちゃんが心配する中渚砂ちゃんは一人別荘から帰ってきます。ですが前回と今回の冒頭でちょっと触れましたがあの別荘には車を使って行きました。そして渚砂ちゃんは静馬さまに何も言わず別荘を後にした所を考えると、歩いて行き来するには遠すぎる距離を歩いて帰ってきたことになります。
そんな疲労と言う名の要因に昨夜の事による精神的な要因、そして雨に打たれていたと言う複数の要因が渚砂ちゃんの体に大きな負担になったようです。玉青ちゃんに寄りかかるように渚砂ちゃんは倒れてしまいます。
sp_18-29.jpgsp_18-30.jpg
そして静馬さまは一人別荘に残り花織との思い出の写真を前に物思いにふけます。
今回で渚砂ちゃんと静馬さまの間に大きな溝が出来ました。その溝を次回で埋めることが出来るのか?それとも玉青ちゃんが真のヒロインとして台頭するのか?2クールと仮定するなら長くても最終話まで後8話、まだまだ一波乱も二波乱もありそうな終わり片でした。

スポンサーサイト
テーマ:ストロベリー・パニック - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。