FC2ブログ
コルトの不定期日記


プロフィール

コルト

Author:コルト



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




























ストロベリー・パニック 26
思えばこの半年近く更新し続けたアニメのレビューもこれで最後です。
ゲームや小説版をチェックしつつ感動の最終話を堪能しましょう。

sp_26-01.jpgsp_26-02.jpgsp_26-03.jpg
季節はまさに真冬同然のエトワール選前日、23話24話と大活躍した千華留さまは最終話だろうとマイペースで突っ走っています。まだ誰もいない朝早くからエトワール選が行われるホールにル・リムの三人娘を引き連れて待ち構えています。しかもどう見ても本日限定の一番乗り部なる新しい部を立ち上げています。ただ檸檬ちゃんにハッキリと

「千華留さまは生徒会長だから席取りなんていらないのでは?」

と突っ込まれていました(笑)。
sp_26-04.jpg
しかも絆奈ちゃんに至っては雪に埋もれたままお眠り………感動の最終話もこの四人に掛かってはいつも通りの展開になってしまうようですね。
sp_26-05.jpgsp_26-06.jpg
エトワール選の出馬する人は学校ごとに色分けしたリボンを身に付けること、ドレス等の準備は蕾ちゃんに手伝って貰った光莉ちゃんは最後のリボンを夜々ちゃんにお願いします。それは夜々ちゃんにとって光莉ちゃんに対する想いを振り払う最後の通過儀式のようでした。
sp_26-07.jpg
一方ミアトルではスピカの蕾ちゃんに対抗して千代ちゃんが着付けをしているのかと思ったのにパートナーであるはずの玉青ちゃんがしていました。これは暗に玉青ちゃんの独占欲か、あるいは渚砂ちゃんを支えるのは自分なのだと自分に言い聞かしているのかもしれません。ちなみにリボンはスピカの青に対してミアトルは赤、いつも付けているリボンの上に結んでいます。
sp_26-08.jpgsp_26-09.jpg
そして蕾ちゃんと一緒にお互いの代表選手を見送った千代ちゃんはちょっぴり黄昏ます、そこへ黄昏るにはまだ早過ぎると、そしてさり気なくエトワールになるのは光莉ちゃんだと主張しようとする蕾ちゃんですが、千代ちゃんは直ぐに気持ちを切り替えて夜のお茶会の準備に移ります。

「大変な一日の後こそ、いつもと同じ事をすればくつろげると言うものです」

たとえどっちがエトワールになろうと関係ない、エトワール選が終ればノーサイド。一見ミーハーでドジっ子な千代ちゃんでも芯の強さを窺わせますね。
sp_26-10.jpgsp_26-11.jpg
そしてその話を聞いた蕾ちゃんの向かった先はエトワール選の行われるホールではなく、一人部屋に篭る夜々ちゃんの傍。

「べ、別に夜々先輩を心配しているわけじゃないんだからね」

「光莉の晴れ姿を見ないなんて馬鹿じゃないの?」
「ええ、馬鹿ですから。私は、ここに居たいからいるんです」

光莉ちゃんに対する想いは憧れであって本命は夜々ちゃん!?
sp_26-12.jpgsp_26-13.jpgsp_26-14.jpg
そして舞台に揃う二組のエトワール選の代表選手。片や王子様とお姫様という女の子受けする組み合わせ、片や同い年の二人が助け合う異なった魅力と下級生受けする渚砂ちゃん。千華留さまの言う通りどっちがエトワールになってもおかしくない組み合わせです。
sp_26-15.jpgsp_26-16.jpg
そして前エトワールから激励の花束を手渡す所からエトワール選が始まります。かつて静馬さまから言われたエトワールになる事で得るものが何なのかを知る為にもエトワールになると、迷いの無い顔で静馬さまに告げる天音さま。前回ヘタレを卒業したのは伊達ではありません。
sp_26-17.jpgsp_26-18.jpg
sp_26-19.jpgsp_26-20.jpg

逆に未だにモヤモヤしているのは静馬さま、思わず渚砂ちゃんの瞳から眼を離せないでいます。そんな静馬さまを諌めたのは玉青ちゃんです。しかもその後の静馬さまからのお褒めの言葉も固い表情のまま答え、渚砂ちゃんのパートナーは自分なのだと念を押すかのように強く渚砂ちゃんの手を握ります。
sp_26-21.jpgsp_26-22.jpg
sp_26-25.jpgsp_26-26.jpg
そして二組の自己アピールが始まります。ですが静馬さまはこれ以上見ていられないのかホールを後にします。そして気がつけばそこは二人の思い出の詰まった温室、どんなに忘れようとしても気付けば渚砂ちゃんとの思い出が静馬さまに忘却を許そうとしません。
sp_26-23.jpgsp_26-24.jpg
そして自己アピールの後はダンスです。そして何故か会場は別の場所らしく、自称一番乗り部の絆奈ちゃんは何故か千代ちゃんも含めた三人を連れ、猛ダッシュで次のダンスホールへと向かいます。しかしアニメ版の籠女ちゃんは足が速いのか、絆奈ちゃんたちを置いてさっさと先に進んでいきます(苦笑)。
sp_26-27.jpgsp_26-28.jpg
sp_26-29.jpgsp_26-30.jpg
さぁあれだけ猛練習したダンスのお披露目です。って、ちょっと待って下さい。確か前日まで記憶喪失だった天音さまはロクに光莉ちゃんとダンスの練習をしていないのでは?当然光莉ちゃんも天音さまが記憶喪失だった頃にダンスの練習をする余裕は無かったはずですし………まぁスターと天使には私たち凡人の常識は通じないと言う方向で納得しましょう(苦笑)。一方渚砂ちゃんたちはというと誰もが見惚れるほどの完成度、今回ばかりは千代ちゃんの妄想オチではありません。ですが肝心の渚砂ちゃんは踊りながらも静馬さまの事を考えています。別の人の事を考えながらも完璧の踊りを演じれるなんてある意味天才ですね。
sp_26-33.jpg
そしてダンスが終わり、今度は投票と集計です。そしてこれも会場は別の場所、なので再び走る四人。結局絆奈ちゃんと檸檬ちゃんは最後までお笑い担当………絆奈ちゃんらしさを出すにはこの配分か最適なのかもしれませんが、一度くらいはシリアスなエピソードを入れて欲しかったですね。
sp_26-34.jpgsp_26-35.jpg
そして温室を後にした静馬さまの行き着いた先は渚砂ちゃんと初めて出あった場所、そこでついに理性が感情を抑えきれなくなり会場へと駆け出します。
sp_26-36.jpgsp_26-37.jpg
sp_26-38.jpgsp_26-39.jpg
そして今、投票の結果が発表されようとしたその時でした。扉の軋む音と共に鬼気迫る顔の静馬さまが会場に現れたのは。
sp_26-40.jpgsp_26-41.jpg
sp_26-42.jpgsp_26-43.jpg
そして人目も憚らず渚砂ちゃんに思いの丈をぶつけます。突然の告白に会場中が騒然となります。そして静馬さまが渚砂ちゃんに告白した事で己の敗北を悟ったのか、玉青ちゃんの必死に感情を押し殺そうとする悲壮な姿が見ていて辛い所です。
sp_26-44.jpgsp_26-45.jpgsp_26-46.jpg
突然の告白に戸惑う渚砂ちゃんに玉青ちゃんがそっと後ろに回りこみ抱きしめます。無論このまま渚砂ちゃんは自分のものだと主張するほど玉青ちゃんは愚かではありません。ですが愚かでももっと自分に正直になって欲しかった、あんな辛そうな顔をするくらいなら………
sp_26-47.jpgsp_26-48.jpgsp_26-49.jpg
sp_26-50.jpgsp_26-51.jpgsp_26-52.jpg
そしてエトワール選の、ミアトル代表の証である赤いリボンを解き背中を押します。それは単にエトワール選のことを気にしなくていいと言うだけではなく、かつてのようにもう自分が渚砂ちゃんを縛らないのだと、そして渚砂ちゃんは渚砂ちゃんが思うようにして良いのだという心の現われなのかもしれません。そんな玉青ちゃんの後押しを受けて静馬さまの下へと駆け出します。
sp_26-53.jpgsp_26-54.jpg
sp_26-55.jpgsp_26-56.jpg
花織を亡くして以来ようやく手に入れた至福の一時、もう二度と手放したくない、誰にも邪魔されたくないと渚砂を連れて愛の逃避行にでるのは当然の展開と言えるでしょう。そして玉青ちゃんは自分を押し殺してまで渚砂ちゃんの幸せを祈る玉青ちゃん………最終話で涙を流すとするならようやく結ばれた渚砂ちゃんと静馬さまの事ではなく、最後の最後で報われない想いを抱きつつも渚砂ちゃんの幸せを第一に考えた玉青ちゃんの献身的な姿に涙しそうです。
sp_26-57.jpgsp_26-58.jpgsp_26-59.jpg
ちなみに逃げ出したものの特に先の事を考えていなかった静馬さま、その事を渚砂ちゃんに指摘され思わず拗ねた顔をしています。ただこのような結末になってしまっては千代ちゃんが用意してくれた夜のお茶会はお流れになりそうですね。あれはあくまでどちらがエトワールになっても恨みっこ無しと言う意味であって、花嫁に置いていかれた玉青ちゃんに静馬さまと結ばれた事について面と向かって祝福しろと言うのは無理な注文ですからね。
sp_26-60.jpgsp_26-61.jpgsp_26-62.jpg
sp_26-63.jpgsp_26-64.jpgsp_26-65.jpg
そして投票の結果がどうであれ、晴れてエトワールに任命された光莉ちゃんと天音さま。絆奈ちゃんたちを始めとする多くの生徒から拍手を浴び、詩遠さまも大願成就に思わず涙ぐんでいます。そしてそんな中祝いの歌を奏でる聖歌隊の中に夜々ちゃんと蕾ちゃんが………多くの生徒からの祝福の言葉や拍手よりもたった一人の、親友と呼べる夜々ちゃんから祝ってもらえた事が光莉ちゃんにとって何よりもご褒美になったと言えるでしょう。
sp_26-66.jpgsp_26-67.jpg
そしてエピローグ、森の中で静馬さまを押し倒す渚砂ちゃん。随分と積極的になったものですね~。それにしてもストパニって本当マリみてとは比較にならないくらい過激なスキンシップをする作品でしたね(苦笑)。
sp_26-68.jpgsp_26-69.jpg
エトワールになって最初の仕事は温室の世話?でも静馬さま曰く温室の世話ってかなり重労働って言っていたし、それ以外の仕事も色々とあるから二人とも部活は辞めてしまったのかな?
元々蕾ちゃんをからかっていた節はありましたが今は多分前とは違った関係なのかも………と言うか夜々ちゃんにはせめて蕾ちゃんと幸せになって欲しいです。きっと夜々ちゃんにとって蕾ちゃんは光莉ちゃん以上にからかい甲斐のある彼女になってくれるはずです。
sp_26-70.jpgsp_26-71.jpg
何だかんだ言いながらも中々ドジっ子を拭い去れない千代ちゃん。でも来年こそは渚砂ちゃんと共にエトワール選に出馬してください(笑)。
sp_26-71.jpg
玉青ちゃんは玉青ちゃんでどうやらそう簡単に引き下がるつもりはないご様子。隙あらば静馬さまから渚砂ちゃんを取り返す気満々ですね。
sp_26-72.jpg
そして平和なル・リムでは千華留さまが新たに喫茶部を立ち上げ、今度はいつもの二人に籠女ちゃんを加えただけではなく他にも部員が………でもあれってどう見ても『喫茶部』の前に『メイド』か『コスプレ』という文字が入っていそうですよね。きっとその部分は絆奈ちゃんの頭に隠れているんでしょう(苦笑)。

さてさて長い事続いたストロベリー・パニックもこれで終わりです。マリみてを始めとする他のアニメのようにDVDの映像特典にオマケのアニメが無いので正真正銘これでアニメの世界は終わりでしょう。こうなってしまうと11月に発売するOVA版マリアさまがみてるが待ち遠しいですね。一応二ヶ月ペースとは言え『子羊たちの休暇』から『チャオ ソレッラ!』までやるみたいですからね。それに10月には待望の新刊が………この世界はまだまだ楽しめそうですね。
スポンサーサイト
テーマ:ストロベリー・パニック - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。