コルトの不定期日記


プロフィール

Author:コルト



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今冬の新ドラ
皆様、ごきげんよう。
この数日で溜めていたドラマを一気に見てちょっとバテ気味です。やっぱり八時間以上もテレビに首っ丈は体によくないですね(苦笑)。
さて皆様は今冬の新ドラは何を見てますか?私は「危険なアネキ」と「1リットルの涙」「野ブタ」の三作が気に入って、今後も続けてみるつもりです。
どの作品も中々見応えのある作品なので機会があれば一度見てみてはどうでしょう?多分見て損は無いと思いますよ。

ちなみにこの中で一番の当たりは「危険なアネキ」です。それは断言できるはずなのですが何故か第一話の印象がバックで流れていたフニクラ・フニクラ………懐かしさとテンポの良い曲調に思わずCDでも買おうかと財布と相談してしまいました。どうもこと音楽に関しては衝動買いが多い所為か、以前もクラシック100や唱歌のCDを買ってしまった過去が………まぁ趣味は人それぞれですよね(^。^;)


ではドラマも一通り見終えたので再びSSの執筆に取り込もうと思います。頑張って今月中にUP………できるといいな(苦笑)。
スポンサーサイト
テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

株主優待券
ごきげんよう、みなさま。
先日某ファミリーレストランで食事をした際。株主優待券を使い支払おうとしたら

「ん?ん~~~~~~~~~~」

初めて見るのか、何度も優待券をマジマジ見ながら最終的には

「店長、店長、これってアリですか?」

結局会計に10分近くかかって、私の後ろで待機している他の客の視線が痛かったです(汗
今度他の店舗でも同じように時間がかかるか試してみようかな、ただし客の少ない時間帯に、ですけどね(苦笑)。



...read more テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

気がつけば四ヶ月振りの………
ごきげんよう、みなさま。
一年で最も忙しい夏の書き入れ時が終わってようやく落ち着いてSS書いたりゲームができるようになったコルトです。おかげで執筆は四ヶ月振り、ゲームも7月末にでたゲームも今頃になってクリア。
去年と違って定年で退職した人と長続きしなかった新人の退職とで慢性的な人手不足が原因で今年はいつもに増して忙しかったです。
思えば去年は溜まった疲れとストレスを解消するために銭湯に通っていましたが今年は家電ショップのマッサージチェアに………。私これでも20代前半ですよ、でも我ながら情けないなと思いつつもついつい通ってしまう始末(汗

そんな訳で四ヶ月振りの更新となった『合縁奇縁』ですが、今回は第八話に聖編を追加してみました。なのでトップページで更新が記されているのにSSリストに変化がないと思った方は第八話をご覧になって下さい。途中で令編と聖編とで枝分かれしています。


そして返信が遅れてまことに申し訳ありませんが、感想の返事です。


『祥子の孫』

名無しさん感想ありがとうございます。

>本当に、裏でこんな根回しをしてそうなところが最高です、江利子様。

バラエティギフトで由乃にだけ分かるように妹を作るよう急かすなど影で色々やっているイメージがあるだけに今回の江利子様はイメージどおりの彼女を絵がけれたと思いませんか(笑)?


久留美さん

久留美さん、お久しぶりです。実験室の方も後で伺いますね。

『子狸争奪戦』

>それにしてもLikeとLoveの違いといいますか

仰るとおりシリアスでこれをテーマにするとかなり重い作品になり、うまく描くのも一苦労ですがこれはコメディなので容赦なく使いました(苦笑)。
ちなみに久留美さんは聖さま案を推奨ですか、確かに形だけでも祐麒と結婚できれば堂々と家族ぐるみの付き合いが出来ますし、憲法を変えるより時間は短くてすみますからね。

『悩み相談』

>もはやその魔の手から逃げるには一刻も早く結婚してしまうしかないぞ!(笑)

果たして祐麒がいずれできるであろう想い人と添い遂げるのと祐巳の暴走とどちらが先になるでしょうね。でもたとえ祐麒の結婚が先でも久留美さんのお考え通り破談しそうですね。

『体は正直』

多分祐巳に妹が出来るまで一年に調理実習がある度にこの恐怖は付きまとうでしょうね。でも下手をすると妹が出来ても続くかも………何はともあれ私たちもお互い体調管理には気をつけましょうね。

『合縁奇縁』

>祐麒君は一年の秋から着々と番長への道(笑)を歩んでいたのですね

リリアンがお嬢様学校なら花寺はお坊ちゃま学校?でも資産家ないしそれに順ずる家柄を公式に発表しているのはは柏木氏しかいないから姉妹校と言えど一概にリリアンのような上流階級の集まりではないと考えています。なので男子校ならでは力による統制は少なからずあるでしょうし、作中でもそれっぽい描写もありました。なので一年の時から何かと物騒な世界に身を置いていたのでしょう(苦笑)。

祐巳と由乃との間に揺れる令、そして虎視眈々とその隙を狙う祥子、四人の乙女の行き着く先は果たして如何なるものなのか………

>「まだだ! まだどんでん返しがあるかもしれない!」

未だ沈黙を守る蓉子さまと江利子さまが漁夫の利を………などと言うことはないですよ、さすがにね(笑)。でもどんでん返し、やっぱりここまできたら一気にフィナーレに行くよりもう1~2回位は急展開を用意したいですね。その為の今回の聖編の更新ですしね。


楓さん。

ごきげんよう、楓さん。

>由乃の首に掛けていいかなってアンタはそれでいいんですか令様!!

見ている人にはそう言いたい所ですが、令さまにとってはこれも悩んだ末の決断であり一つの結論なのです。最も結論が出るにはちょっと早い、そう思いますよね?
まだまだ合縁奇縁は終わりません………多分(苦笑)。
あ、勿論ちゃんと完結はさせますよ。その位の常識は弁えてますから(汗


と言うわけでこうして感想をくれた皆様、そしてROMとしてでもこうして私のサイトに立ち寄ってくれている皆様の期待に応えるためにも執筆に励むので今後ともよろしくお願いします。ではでは~
テーマ:とりあえず - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。